トレンドブログ

1日3記事がんばって投稿しても「アクセスを集めることが」できていない本当の理由

アクセスの集め方

トレンドブログを始めて、記事を書き続けているのに

「全然アクセスが集まらない。。。」
「PV数が伸びない。。。」
「収益にならない。。。」

という、お悩みはありませんか?

本日は、1日3記事がんばって投稿しても「アクセスを集めることが」できていない本当の理由についてお伝えしたいと思います。

「アクセスを集めることが」できていない本当の理由とは?

「アクセスが集まらない」理由は、

実は、
「アクセスが集まる記事」

が、なんなのかを、本当の意味で理解できていないということが考えられます。

 

まず、多くの人が認識違いをしているのかなと思うのが、

 

トレンドブログは、

「たくさん記事を量産しないと稼げない」

と思っている人が多い気がします。

「1ヶ月で100記事書きましょう」

という言葉をよく耳にしますが

これは、数年前までの常識ではありました。

とにかく、「100記事」「1日3記事以上」と「数字」にフォーカスしすぎて、

とりあえずサイトにたくさんの記事がある状態を作る為に

中身のない記事や、
なんとなく書いた記事を量産している人が多いと感じます。

しかし、2020年頃から傾向は大きく変わってきました。

2021年、そしてこれからの傾向は、

少ない記事数でも、

  1. 価値のある記事
  2. 読者に喜ばれる記事
  3. 投稿のタイミング
  4. 検索ボリューム
  5. 検索者の意図に沿った一貫性

この5つをこれらをしっかり押さえた記事を書くことで、

アクセスは必ず集まります。

アクセスの集め方

では、具体的にどういうポイントを押さえればいいのか、
5つをそれぞれ解説しますね。

「アクセスが集まる記事」とは?

①価値のある記事

価値のある記事のポイントはこちらの3つです。

  • 多くの人が検索するネタ
  • 検索結果に上位表示されている
  • 検索者が興味を持つタイトル

 

まず、アクセスが来るということは

記事が読まれるということです。

では、どんな人が記事を読みに来るのかを
しっかり把握しましょう。

読者のほとんどが、

ネットで知りたいことを「検索」して、記事にたどり着いています。

ということは、

「たくさんの人が検索するであろうネタ」

を取り扱うことが大事です。

多くの人の、「知りたい」「解決したい」

を叶える、価値のある情報を提供することが大事です。

アクセスの集め方

②読者に喜ばれる記事

検索者は、何を基準に数ある記事の中から

あたなの記事を選ぶでしょうか?

それは

  • 検索結果の上位にあったから
  • タイトルを見て、自分の知りたい情報が書かれていそうだったから

 

主な理由はこの2つです。

つまり、この2つに当てはまらなければ

どんなに良い記事を書いても、

読まれずに、アクセスが来ないまま終わってしまいます。

検索者に、ピンポイントでアプローチができれば

読者は喜んで、あなたの記事を選んでくれるでしょう。

アクセスの集め方

③投稿のタイミング

どんなにタイトル、キーワード、内容が良くても

タイミングを大きく外してしまえば、

アクセスは集まりません。

記事に書いたネタは、どんな時に話題になるか?

話題のピークになる前に、投稿して

ピーク時には、検索結果の上位に表示されているようにする

このタイミングをしっかり押さえる必要があります。

テレビ番組のオンエア前までに

速報ニュースが入って、たくさんのライバルが書く前に

オンエア中のハプニングをリアルタイムで書いたり

 

「今」、「これから」

関心を寄せる人が増えるタイミングより前に

投稿できているかが大事です。

また、第一報でタイミングを逃してしまっても、

続報や、今から狙える「新規ワード」などで、

話題に喰らい付いていく、気持ちも大事ですね。

アクセスの集め方

④検索ボリューム

そもそも、そのネタのジャンルは、

多くの人が興味を持つことなのか?

はとても大事です。

 

例えば、

地方の町内会の花火大会や、祭りを知りたい人と

隅田川の花火大会や、青森県のねぶた祭りなど

全国的な知名度や、来場者数で見れば、

そもそもの検索ボリューム(検索する人の数)は異なります。

県大会よりも、甲子園とか

国体よりも、オリンピックとか

深夜番組よりも、ゴールデン番組

地下アイドルよりも、ミュージックステーションに出演するアイドル

検索ボリュームが多いところを狙っていくことが大事です。

アクセスの集め方

⑤検索者の意図に沿った一貫性

検索結果で上位表示されるポイントは

タイトルの中のキーワードの一貫性も大事です。

何を検索して、何を知りたい読者を集めたいのか?

ここを徹底的に意識して、

キーワード選定と、
タイトル作りをしなければ、

競合ライバルには、いつまでも勝てないでしょう。

そして、

せっかく記事を読みに来てもらっても、

「読みにくい」「知りたいことが書いてない」

では、すぐに離脱されてしまいます。

タイトルと中身には一貫性が必要です。

特に、

「それ、ここでは必要ないでしょ?」

という情報を、
記事冒頭でモリモリに詰め込んでいる記事を
よく見かけます。

今、検索して見にきてくれた読者が

一番知りたい「答え」を、

きちんと、早い段階で示してあげて

質の高い記事を書いていきましょう。

アクセスの集め方

今日は、
アクセスが集まる要素が入っていない記事を量産するのではなく、

少ない記事でも

  1. 価値のある記事
  2. 読者に喜ばれる記事
  3. 投稿のタイミング
  4. 検索ボリューム
  5. 検索者の意図に沿った一貫性

この⑤つをきちんと盛り込んだ記事を書ければ、

アクセスがちゃんと集まるということをお伝えさせていただきました。

どんな記事を書いたら
アクセスが集まるのか?

アクセスが集まるには、
どんな条件が揃っていれば良いのか?

 

これらをしっかり理解して、

狙い通りに、記事を書いて行きましょう。

 

狙い通りの結果を得られるようになれば、

少ない記事数でも、しっかりアクセスは集められるようになります。

BUYMA副業トレンドアフィリエイトブログ収益とアクセスアップ