トレンドブログ

あなたはどっち派?「ショート記事 」vs 「ロング記事」

トレンドブログ、トレンドアフィリ、アドセンス、記事、アクセス、書き方、ショート、ロング

トレンドブログに書く記事には、
大きく分けて2種類あるのを知っていますか?

1つ目が「ショート記事 」

2つ目が 「ロング記事」です。

この2つの記事には、それぞれ役割と目的が違います。

今日は、
「ショート記事 」と「ロング記事」の
メリットとデメリットをご紹介します。

ショート記事とロング記事のメリットとデメリット

「ショート記事 」と「ロング記事」
どちらも、大事な記事なんですが
書く割合や、使い所が肝心なんです。

これ、間違えちゃうと
収益が上がりにくかったり
記事投稿の日々から抜け出せなくなっちゃいます。

「ショート記事 」と「ロング記事」の
大きな違いは

”記事の寿命”です。

・今だけ話題になっているネタなのか

・これからしばらく話題になるネタなのか

・季節関係なく、常に話題になるネタなのか

どれを書くかによって
記事が検索される期間や時期が
異なりますよね。

「ショート記事」は
記事の寿命が1〜3日程度ほど

「ロング記事」は
記事の寿命が3ヶ月以上
または通年

となります。

トレンドブログ、トレンドアフィリ、アドセンス、記事、アクセス、書き方、ショート、ロング

 

寿命が長い方がいいんじゃないの?
と思うかもしれませんが、

どちらにもメリットとデメリットがあります。

 

「ショート記事」

メリット…爆発的なアクセスが集めやすいので瞬間的に収益が得られる場合が多い

デメリット…話題の旬が過ぎたら再度アクセスが集まりにくい
新しい記事を投入し続けないとアクセスが途切れる

 

「ロング記事」

メリット…話題の旬が長いまたは通年アクセスが集まるので1つの記事に何度もアクセスが集まる

デメリット…爆発的なアクセスよりも緩やかなアクセスが継続するため収益化には時間がかかる

どちらも世の中で話題になることを記事にしていきますが
その特徴は正反対ですよね。

トレンドブログ、トレンドアフィリ、アドセンス、記事、アクセス、書き方、ショート、ロング

ショート記事とロング記事の使い分け

では、どのように使い分けて投稿して行けばいいのか。

それは、

・サイトパワーの強弱
・生活スタイル
・いつまでにいくらの収益が欲しいのか

 

これによって、
「ショート記事」を多めに
「ロング記事」を多めに
というのは、変わっています。

トレンドブログ、トレンドアフィリ、アドセンス、記事、アクセス、書き方、ショート、ロング

サイトパワーの強弱

ブログを立ち上げたばかりの頃は
いかにアクセスを少しずつでも
集められるかがポイントです。

「ショート」記事は、瞬間的ですが
アクセスを集められるので
最初の内は、ショート記事の割合を多くして

まずは、サイトパワーを強くしていくのがオススメです。

 

テレビ番組の放送中だけ話題になりそうなこと
試合中のハプニング
新発売の情報

など

関心を寄せる人が多いですが
熱が冷めるのも早い話題が有効です。

わかりやすいのが、Twitterのトレンド入りとかですね。

 

生活スタイル

毎日記事は書けないとか
テレビを見られないとか
最新情報を見つけるのが苦手など
ショート記事を書くことが難しい人もいます。

こういう方は
作業できる時に、これから話題になるものを
事前に仕込んでおくことができます。

作業的には気が楽かもしれませんが、
そのような「ロング記事」は

じわじわと検索結果の上位に上がっていくため
アクセスが緩やかに集まってくる傾向にあります。

なので早い段階での収益化は難しいとされています。

例えば、

季節ごとのイベント
人気者の恋愛遍歴
人気のコミックやアニメ

など

 

いつまでにいくらの収益が欲しいのか

 

早く収益化したいなら
「ショート記事」の割合を多く

ゆっくり収益化でいいなら
「ロング記事」の割合を多く

という使い分けができます。

しかし、多くの人が早く収益化もしたいし

アクセスも欲しいし
記事は何度もアクセスが来るのがいいし
と全ての良いとこ取りがしたいですよね(私もそうです)

 

そんな美味しい話があるの?

と思いますよね?

はい。

その方法がちゃんとあるんです!

1つの記事を「ショート記事」から「ロング記事」にしていく方法

『ショート記事からロング記事になるように書く』

です!!!

どういうこと?と思いますよね。

トレンドブログ、トレンドアフィリ、アドセンス、記事、アクセス、書き方、ショート、ロング

つまり、

ショート記事のように
最初は瞬間的にアクセスを集め
その後も、その話題について検索されるようなネタを書く

という方法です。

 

例えば、
あるテレビ番組に、あまり知られていない人がゲストで出るとします。

ここで大事なのは「視聴率の高い人気番組」ということです。

そんな番組に、知らない人がメインゲストとして出るんです。

めっちゃ気になりますよね?

・これから売れる俳優さん?
・二世タレント?
・誰それ??

ってなりますよね。

 

なので、みんな検索するんです。

その感情が「ショート記事」のように
瞬間的にアクセスを集めてくれます。

そして、この人物が
今後、他の番組に出演したり
話題になると、また検索されますよね。

 

このように、

この人物のどんなことなら、
この先も検索されやすいか

というのを考えて、記事を書いていけば

番組中にもアクセスを集め
番組後にもアクセスを集め
1年後もアクセスを集め

というように、

1つの記事が
「ショート記事」から「ロング記事」
へと育っていくんです。

そんな記事を増やしていけるように

「ショート記事」から「ロング記事」
になりそうなネタ選びをしてみてくださいね。

トレンドブログ、トレンドアフィリ、アドセンス、記事、アクセス、書き方、ショート、ロング

 

BUYMA副業トレンドアフィリエイトブログ収益とアクセスアップ